【おなら臭い.com】〜臭いと量〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
onara931.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではおならの臭いや量について、詳しく説明しています。

おならの臭いは健康のバロメーターとも言えるもので、自身の健康状態を知る一つの目安となります。おならは健康な人でも出る当たり前の生理現象ではありますが、臭いが強い場合は注意が必要です。
おならの臭いの元となるのは、主にアンモニアや硫化水素です。アンモニアは汗をかいたあとなどに代表されるツンとした刺激臭で、硫化水素は俗に言う「卵の腐ったような」腐敗臭が特徴で、これらが混じったおならは臭いが強く、あの嫌なおならの臭いとなるわけです。
これらが発生するのは、腸内で悪玉菌が増えタンパク質や脂肪を分解することで生まれます。健康な人でも悪玉菌は常駐していてタンパク質や脂肪の分解もしていますが、悪玉菌が増えると分解も活発になり発生するガス量も増えてしまいます。ですので、おならが臭い場合は腸内の悪玉菌が増えた状態と言えるわけです。

おならの量は人それぞれで、多い人も居れば少ない人も居ます。平均すると一日におよそ1リットルほどのおならが出ていると言われています。しかし腸内にガスが溜まれば、必然的におならの量も増えます。炭酸飲料などお腹の中で気体を発生させるものを飲んだり、食べる時に空気も一緒に飲み込んだりするほど、腸内にガスが溜まりやすくおならの量も増えるという事です。


⇒ おならとは

⇒ おならを我慢すると


sponsored link



copyright©2013  【おなら臭い.com】〜臭い・多い・病気〜  All Rights Reserved