【おなら臭い.com】〜肝臓・膵臓・腎臓の病気〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
onara931.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではおならと関係する病気、肝臓・膵臓・腎臓の病気についてご紹介しています。

肝臓・膵臓・腎臓の病気に罹ると、おならが多く出る症状が現れることがあります。
まず肝臓ですが、肝臓は腸で吸収された栄養分を貯蔵し代謝をしている臓器です。また胆汁を生成して十二指腸での消化を助けたり、毒素を解毒して尿中に排泄するなど様々な役割を担っています。肝臓が悪いと胆汁の生成が不十分となり、消化不良を起こしガスが溜まってしまいます。ですので肝臓が悪いとおならが出やすく、臭くなりやすいということです。
また肝臓は別名「沈黙の臓器」とも呼ばれるほど、悪くなった状態でも自覚症状がないことが多いことで有名です。病気が分かった時にはかなり進行してしまっていることも多いので注意が必要です。

膵臓も消化に大きく関わっています。膵臓は消化を助ける様々な酵素を生成している臓器で、悪くなると膵炎を引き起こします。膵炎は重症化すると多臓器不全を起こし死に至ることも少なくない病気で、女性よりも男性に多いのが特徴です。当然消化不良になるわけですから、ガスが溜まりやすくおならが出やすい状況になってしまいます。

腎臓は血液に深くかかわっている臓器です。血液を綺麗に保ち毒素を尿として排出するのが大きな役割です。ですのでおならを我慢すると血液中の毒素が増え、腎臓に負担をかけると考えられます。腎臓機能に障害を持つと人工透析という治療を受ける必要があり、死ぬまで通院生活を余儀なくされます。


⇒ 胃炎・腸炎

⇒ 盲腸(虫垂炎)

⇒ 大腸がん


sponsored link



copyright©2013  【おなら臭い.com】〜臭い・多い・病気〜  All Rights Reserved