【おなら臭い.com】〜おならとは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
onara931.com★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここではおならの仕組みや成分について、詳しく説明しています。

おならとは腸内で溜まったガスを含む気体が肛門から排出されたものを言います。この時の気体とは主に腸内細菌の働きによって発生する分解ガスや、呼吸時に取り込んだ空気の一部を指しています。おならをすると音が出るのは、気体が肛門を出る時に肛門が振動することで音が出ます。膨らませた風船の先を手でつまんで、少しだけ開けるとおならに近いような音が出るのと同じ要領です。
一日のおならの量の平均は成人男性で約1リットルほどあり、これを5回から20回に分けて排出しています。

おならは良いおならと良くないおならの2種類に分かれます。
良いおならは発酵型と呼ばれるタイプで、善玉菌が炭水化物を分解し発酵させた時に発生する二酸化炭素やメタンが主な成分です。臭いはあまりしないのが特徴で、健康的なおならと言えます。
良くないおならは腐敗型と呼ばれるタイプで、悪玉菌が消化不良のタンパク質を分解した時に発生するインドールやスカトール、アンモニアや硫化水素が主な成分です。少量でも臭いはきついのが特徴で、これがあの臭いおならの元となっています。

ちなみにおならは正式には「屁」と言います。なぜおならという名が付いたかというと、「鳴らす」という言葉を少し上品にして「お鳴らす」、そこから発展して「お鳴ら」「おなら」と変わったそうです。昔の女性達の間で使われていた軽い隠語のようなものです。昔も今もおならは女性にとって恥ずかしいものだったことが分かりますね。


⇒ 臭いと量

⇒ おならを我慢すると


sponsored link



copyright©2013  【おなら臭い.com】〜臭い・多い・病気〜  All Rights Reserved